インテリアにこだわる男性へ!おすすめのアートパネル8選

アートパネルでインテリアにアクセントを!

お部屋のインテリアをおしゃれに揃えると、生活レベルが必然的にアップするもの。
ソファやベッド、テーブルなど。
自分好みにインテリアをカスタマイズして、お部屋でのリラックスタイムを快適にお過ごしの男性も、多いのではないでしょうか。

しかしある程度必要なインテリアが揃うと、そこからさらにグレードアップさせるのは難しいですよね。
そんな悩みをお持ちの男性におすすめしたいのが「アートパネル」。
お部屋に合ったお気に入りのアートパネルを壁に掛けたら、ぐっとお部屋が垢抜けた印象に!

そこで今回は、インテリアにアクセントを加えるアートパネルの選び方と、おすすめのアートパネルをご紹介します。

アートパネルの最適な選び方

アートパネル選びで一番多い失敗が、アートパネル単体ではおしゃれに見えても、部屋に飾ると浮いてしまったというケース。

そんな失敗を防ぐコツは、お部屋のインテリアのテイストを理解した上で、それに合ったアートパネルを選ぶこと。

例えば、スタイリッシュなモダンテイストのお部屋には、モノトーンの洗練されたものを選んだり。
海を想像させるサーフテイストのお部屋には、リゾートを彷彿とさせるものを選んだり。
お部屋のテイストに合わせて選べば、失敗なくアートパネルを選べるはず。

以下ではインテリアのテイスト別に、おすすめのアートパネルをご紹介します。
各テイストの特徴も書いてありますので、自分のお部屋がどれか当てはめながら、チェックしてみてくださいね!

ナチュラルテイストのお部屋には、自然や遊び心を

ベージュやアイボリーといった木材の色味を生かしたインテリアを揃え、明るい印象のナチュラルテイスト。
癖のないテイストのため、どんなアートパネルも比較的馴染みやすいという特徴があります。

中でもナチュラルテイストに馴染むのが、木々などのグリーンを基調としたアートパネル。
優しいグリーンの色味は、明るくソフトなインテリアたちと相性抜群です。

また、アーティスティックなアートパネルをあえてプラスして、お部屋のアクセントにするのも吉。
目を引くカラーの柄物なら、北欧風のお部屋にランクアップしますよ!

葉一枚のシンプルなアートパネル

葉一枚のシンプルなアートパネルはインテリアとしての失敗が少なく、初めてアートパネルにチャレンジする男性にもおすすめ。
リビングやお手洗い、廊下、玄関など。どんな場所にも取り入れやすいでしょう。

ホワイト×グリーンの組み合わせで、清潔感もばっちり。
ナチュラルテイストを加速させ、自然と心を穏やかにしてくれるはず。

詳しくはこちら

幾何学模様の北欧風アートパネル

 

銀河系の模様やトナカイのイラストが目を引く、北欧風アートパネル。
男性らしい落ち着きのある印象でありながら、イエローの差し色がアクセントとして働きます。

リビングルームに3つ並べて、お部屋のメインインテリアにするも良し。玄関やベッドルームなどに1つずつ飾って、部屋の統一感を出すも良し。
3つのどれをとってもおしゃれなのも、嬉しいポイントですね。

詳しくはこちら

モダンテイストのお部屋は、モノトーンシックを意識して

モノトーンや、金属性のインテリアを基調としたモダンテイストは、都会的でスタイリッシュなテイスト。
アートパネルをプラスするなら、色味をモノトーンで合わせると自然とインテリアにしっくりくるはず。

また、色味を抑えた抽象度の高いアートパネルも、おしゃれなアクセントに。
以下のアートパネルを例に、選んでみてくださいね。

木々をシックに描き上げたアートパネル

モノトーンの木々が描かれたこのアートパネルは、斜めに3つ飾ることにより完成する、一癖あるインテリア。
他と差がつくアーティスティックな魅力がありますね。

チャレンジングなインテリアに見えますが、白黒であるためモダンテイストのお部屋に驚くほど馴染むはず。
斜め飾りでお部屋にリズムが生まれるため、インテリアに物足りなさを感じている男性におすすめです。

詳しくはこちら

抽象度の高い現代的なアートパネル

いくつものダークカラーを重ねた、抽象度の高いデザインのアートパネル。
シンプルで無駄がなく、シンプルな内装のモダンテイストのお部屋に、しっくりと馴染むはず。

50センチx70センチが3枚と大きめのため、リビングやベッドルームのメインインテリアにおすすめ。
インテリアを多く持たないおしゃれな男性に、もってこいのアートパネルです。

詳しくはこちら

ヴィンテージテイストのお部屋は、アンティークな色味に

年季の入った木製品や革製品のインテリアを揃えた、ヴィンテージテイスト。
もしアートパネルを取り入れるなら、セピア色などアンティークな色味にこだわるのがおすすめ。
デザインが何であれど色味でレトロ感を演出すれば、自然とヴィンテージテイストに馴染みます。

ノスタルジックな雰囲気のアートパネルは個性があり、飾っているとよりおしゃれな印象が。
家に人を招いた時、きっと一目置かれるはず。

レトロな世界地図のアートパネル

ヴィンテージテイストのお部屋にぴったりな、世界地図のアートパネルです。
ノスタルジックな色合いで、アメリカ大航海時代をイメージさせるレトロ感がたっぷり。
どことなく男のロマンを感じさせます。

ブラウン系の色味は革のインテリアなどとも馴染み、お部屋に高級感をプラス。
3つのパネルに分かれているのも、おしゃれな印象を与えるポイントです。

詳しくはこちら

セピア色のアンティーク風アートパネル

工場機械の一部をクローズアップした、アートパネル。
男性らしいデザインでありながら、セピア色でアンティークな雰囲気を醸し出し、インテリアにぐっと深みを与えます。

季節を問わずに飾っておけるので、飾りっぱなしでもかっこつくのも嬉しいポイント。
ありきたりではつまらないとお考えの、おしゃれでかっこいい男性におすすめです。

詳しくはこちら

サーフテイストのお部屋には、海や空を

サーフテイストは、木製品を中心にブルーやグリーンの差し色を添えた、カルフォルニア西海岸を想像させるテイスト。
お部屋のそのままのイメージで、海や空の青をアートパネルでプラスするとばっちり。

鮮やかなブルーでなくとも、海に沈む夕日やサーフボードが描かれているだけでも、ぐっとサーフテイストに磨きがかかるはず。
以下のアートパネルを参考に、自分の好みに合わせて色味を検討すると良いでしょう。

夜明けの海を描いたポスター風アートパネル

夜明けの海が印刷された、アートパネル。
日常ではなかなかお目にかかれない、美しい風景を身近に感じることができます。

ポスター風でありますが、キャンバスに描かれているためポスターほどの色の主張がなく、お部屋に馴染みやすいでしょう。

また横120センチ程なので、一人暮らしのベッドやテーブルの側にぴったり。
自然を感じさせ、サーフテイストの統一感に磨きがかかるはず。

詳しくはこちら

ビーチサイドを描いたモノトーンなアートパネル

 

モノトーンでありながら、サーフテイストに馴染むこのアートパネル。
のんびりとしたビーチサイドの様子が描かれており、お部屋にか飾るだけでよりリラックスできるはず。

壁に飾るだけでなく、テーブルや床に置いて壁に立てかけるのもおすすめ。
ナチュラルなサーフテイストのお部屋のアクセントとして、働いてくれるでしょう。

詳しくはこちら

アートパネルでお部屋をグレードアップ

以上、アートパネルについて特集いたしました。

インテリアにこだわる男性に是非チャレンジしていただきたいアートパネル。
お部屋のアクセントになりがらっとムードチェンジできるので、色々なものをトライしてみるのもおすすめです。

お部屋での気分アップはもちろん、家に遊びに来た友達からの好感度もゲットできるはず。
これを機会にチャレンジしてみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

Haruko

華の女子大生ライター。 旅行メディアやビューティーメディアで執筆中。 アパレル・コスメブランドでのバイトでは、日々自分らしいおしゃれを研究しています! danCeでは女子大生ならではのトレンド感で、リアルな声を発信します。