【年代別】ネクタイにこだわるメンズ必見!人気ブランド13選

ネクタイで男性の魅力をアップ!

 

ビジネスなどのフォーマルシーンの必須アイテム「ネクタイ」。

身だしなみやマナーとして身につける男性が多いですが、男性の魅力を引き立てるネクタイを適当に選ぶのはナンセンス。

しっかりこだわってスーツスタイルを引き立てられたら、後輩上司や周りの女性からの好感度もアップ!

またスーツの印象だけでなく、その人の第一印象をもガラリと変えてくれるので、ビジネスシーンで差をつけられるかも

今回はかっこいいメンズを演出する、ネクタイのブランドを特集!

お気に入りの一本を見つけてみてくださいね。

 

ネクタイ選びのポイントとは?

 

ネクタイはスーツスタイルの印象を大きく左右するキーポイント。

新しいネクタイを買うときは、慎重になる男性も多いのではないでしょうか。

ネクタイがおすすめのメンズブランドを紹介する前に、まずはネクタイ選びのコツをピックアップ。

選ぶ際に意識すべき点を2つご紹介します。

失敗のないネクタイ選びのために、是非チェックしてみてくださいね。

 

色が与える印象をチェック

スーツスタイルの唯一の色物であるネクタイは、何色を選ぶのかによってその人自身の印象を大きく変えます。

例えば赤は、情熱的で熱いイメージが。

明るい赤だと元気な印象も与えるため、営業マンにはぴったりな色かもしれません。

青系のネクタイを身につければ、堅実なイメージに。

誠実な印象を与え好感度アップを狙えるため、若い年代のビジネスマンに特におすすめです。

また、ブラウンなどのダークトーンのネクタイは、年を重ねた男性にぴったりな落ち着きが。

大人な余裕漂う風格を演出したいなら、選んでみると良いでしょう。

このようにそれぞれの色によって、相手に与える印象は様々。

自分のイメージカラーを意識して、ネクタイ選びを進めてみると良いでしょう。

 

シーンにあったネクタイ選びを

色が与える印象と共に意識しておきたいのが、そのネクタイを身につけるシーンについて。

例えば結婚式と面接の場では、身につけるネクタイの雰囲気が変わることは言うまでもありません。

結婚式にはシャンパンゴールドなどの光沢感のある一本を、面接の場では青系ボーダーなど誠実なデザインの一本を選ぶと良いでしょう。

また、普段のオフィスシーンでは遊び心を加えてもおしゃれ。チェックや柄物にトライして、周りの反応を見てみるのも良いでしょう。

このように自分がどんなシーンでどんな印象を与えたいのか考えると、ネクタイ選びもスムーズになるはずです。

 

【20代】メンズネクタイのおすすめブランド

 

成人式や就職、結婚式のピークなど。

何かとネクタイをつける機会が多い20代。

ここぞという記念の場も多いので、それぞれの機会にとっておきのネクタイをゲットしたいところですよね。

以下ではまず、20代メンズ向けのネクタイブランドをご紹介!

6000円~15000円程度でゲットできる、人気ブランドをピックアップしました。

 

ラルフ・ローレン(Ralph Lauren)

ラルフ・ローレン(Ralph Lauren)は、1968年頃にラルフ・ローレン自身が立ち上げた、アメリカを代表する有名ブランド。

伝統的なブリティッシュスタイルをアメリカ流に取り入れた、アメリカントラッドなアイテムを多数取り扱っています。

日本でも老若男女に愛されており、一度はブランド名を聞いたことがあるのではないでしょうか。

ラルフローレンは、「POLO(ポロ)」と呼ばれるネクタイのラインを作ったほど、ネクタイのラインナップが豊富。

オフィスシーンにぴったりな、使いやすい細めのメンズネクタイが多いのも特徴です。

詳細はこちらから

 

ポール・スミス(Paul Smith)

1970年に、イギリスのノッティンガムで創立したポール・スミス(Paul Smith) 。

トレンドの最先端を歩むトラディショナルブランドとして、20代メンズの人気が高いブランドです。

ポール・スミスのネクタイは、ブランドを象徴するマルチカラーのストライプ柄からもわかるように、ちょっぴりシャレ心のあるデザインが魅力。

やりすぎず、でも退屈させない、そんなラインナップを取り揃えています。

詳細はこちらから

 

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI)

日本を代表するデザイナー、菊池武夫が自らの名で立ち上げたタケオキクチ(TAKEO KIKUCHI)。

世界で認められているジャパニーズブランドの一つで、日本人として初めて、パリにメンズラインのお店をオープンしたことでも有名です。

タケオキクチのネクタイは、日本のビジネスシーンに取り入れやすいものの他、カジュアルダウンしたくだけたものも豊富。

粋なデザインで、メンズのおしゃれ心を掴みます。

10,000円前後のネクタイが多く、大学生でも購入できるも嬉しいポイントです。

詳細はこちらから

 

カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)

カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)は、ニューヨーク生まれのデザイナーが1968年に手がけたブランド。

シンプルなきれいめシルエットのアイテムが多く、若々しいメンズの魅力を引き出します。

またカルバン・クラインは、アンダーウェアや香水でも人気を得ており、どこか色気のあるイメージが。

そんなカルバン・クラインのネクタイは、無駄のないデザインで取り入れやすいのがポイント。

おしゃれに気を使う新入社員や、上司の多い職場でも大活躍です。

詳細はこちらから

 

フェアファクス(FAIRFAX)

フェアファクス(FAIRFAX)は1976年に日本で設立された、メンズフォーマルウェアを中心に取り扱うブランド。

アメリカントラディショナルをテーマにした、クラシカルなデザインが特徴です。

そんなフェアファクスのネクタイは、デザインや素材によってお大きく価格帯が異なり、20代男性にも人気。

また、独自の芯地の開発によって担保されたつけ心地の良さも魅力。

メイドインジャパンで頼りになる一本をお探しなら、是非トライしてみると良いでしょう。

詳細はこちらから

 

【30代】メンズネクタイのおすすめブランド

 

転職や昇進など、ビジネスシーンで変化が大きい30代。

メンズネクタイの選ばれ方も、20代とは少し変わってくるようです。

30代の男性には、20代の頃は立場上チャレンジできなかったような柄物や、光沢感のあるネクタイが人気。

ネクタイにかけるお金も高くなり、20,000円以上のネクタイのブランドもメジャーになってきます。

以下ではそんな、仕事で活躍し始めた30代の男性にぴったりな、ネクタイのメンズブランドをご紹介します。

 

ジョルジオ・アルマーニ(GIORGIO ARMANI)

ジョルジオ・アルマーニ(GIORGIO ARMANI)はイタリアで設立された、世界的ラグジュアリーブランド。

ハリウッドセレブのファンも多く、憧れのメンズブランドとして唯一無二の地位を築いています。

そんなジョルジオ・アルマーニには、高級感のある素材感で、周りと差がつくネクタイのラインナップが。

シンプルでもおしゃれな30代を演出できる、リッチな光沢が魅力です。

いつものスーツに合わせるだけで、ぐっとランクアップした印象に。

詳細はこちらから

 

ドレイクス(Drake’s)

アクセサリーデザイナーとして活躍していたマイケル・ドレイクによって設立された、ドレイクス(Drake’s) 。

スカーフなどのファッション小物からスタートし、今ではネクタイとシャツが代表的なファクトリーブランドとして、イギリスから世界へ名を馳せています。

ドレイクスのネクタイは、高級感がありながらシンプルでスタイリッシュ。

ネクタイ一本でリッチを演出するようなラインナップです。憧れの上司を想像させる、男性の格を感じさせます。

詳細はこちらから

 

Givenchy(ジバンシィ)

1951年にスタートしたフランスのラグジュアリーブランド、Givenchy(ジバンシィ)。

オードリーヘップバーンのドレスを手がけたことで、世界中が憧れるブランドとなりました。

1973年にメンズラインができてからは、ネクタイも人気アイテムの一つに。

クラシカルな落ち着いたイメージがあったジバンシイですが、ネクタイはラグジュアリーながら若々しい色合いのものも多いです。

パーティーシーン向けの少し攻めた色物から、ビジネスシーンに取り入れたいモダンなデザインまで。

お気に入りの一本が見つかるはず。

詳細はこちらから

 

ブリューワー(BREUER)

ブリューワー(BREUER) は1892年に、当時ヨーロッパのファッションの中心であったウィーンで設立された、フランスの老舗ブランドです。

その歴史はネクタイから始まり、今ではメンズウェアブランドとして広まっています。

そんなネクタイブランドの先駆けともいえるブリューワーのネクタイは、南仏を感じさせるカジュアルさと、パリからインスパイアされたエレガントかつクラシックな良さが。

ハイクオリティな素材で、身につける男性をもハイエンドに魅せてくれます。

 

【40代】メンズネクタイのおすすめブランド

 

ビジネスシーンで重要な役職につくことが増える40代。

身の回りのものは上質なもので揃えることが当たり前になって、しばらく経つ頃ではないでしょうか。

そんな40代におすすめのメンズブランドは、高級ブランドの中でもトップクラスのブランドたち。

身につけるだけでダンディな風格を加速させる、ラグジュアリーブランドの大人なネクタイを要チェックです。

価格や品格が故に、若い頃は手が届かなかった高級ネクタイをゲットして、40代ならではのおしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)

エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)は、イタリアを代表する高級ファッションブランド。

ゼニアという愛称で、ジスーツを中心にカバンなどの革製品まで、メンズファッションアイテムを取り揃えています。

1910年、生地メーカーから発足したゼニアのネクタイは、見た目の艶と肌触りがピカイチ。

その生地の良さは他ブランドからも認められており、多数のラグジュアリーブランドに生地を提供するほどです。

良いものを身につけるべき40代にぴったりな、ネクタイと言えるでしょう。

詳細はこちらから

 

ダンヒル(dunhill)

働き盛りの40代から不動の人気を得る、イギリスのラグジュアリーブランド 、ダンヒル(dunhill) 。

格式高いトップブランドとして、ライターからスーツまで、幅広くメンズファッションをサポートします。

そのダンディなデザインは、まさに男の憧れと言えるでしょう。

見劣りすることのないダンヒルのネクタイは、40代男性の深みある魅力を底上げ。

タイムレスなクラシックアイテムで、フォーマルシーンに大活躍すること間違いありません。

詳細はこちらから

 

トム・フォード(TOM FORD)

メンズファッションからコスメまで取り揃え、男女問わず人気のある世界的ブランド 、トム・フォード(TOM FORD)。

グッチなどの有名ブランドのディレクターを務めたトム・フォードが2005年に設立し、世界中のセレブたちに愛されています。

そんなトム・フォードのネクタイは、モダンで洗練されたデザインが特徴でふ。

40代の品格に恥じることのないシックなラインナップで、トム・フォードだからこそ醸し出せる色気を感じます。

詳細はこちらから

 

フェンディ(FENDI)

フェンディ(FENDI)は、1925年に革製品を扱うブランドとして、ローマで設立されたブランド。

トラディショナルな品格を保ちながらも、ファッション性の高いアイテムを数多く取り揃えています。

そんなフェンディのネクタイは、大人な遊び心が特徴。

高品質だからこそ外れることのないひねりの効いたデザインで、安心してスーツスタイルにアクセントを加えることができます。

無難じゃつまらないとお考えの40代男性に、特におすすめのブランドです。

詳細はこちらから

 

お気に入りの一本で、好印象を

 

スーツスタイルの印象をガラリと変えるネクタイは、男性にとって超重要なファッションアイテム。

頼りになるメンズブランドが見つかれば、周りから一目置かれるデキる男性を演出できるはず。

もうネクタイ選びに困ることはないでしょう。

毎日のビジネスシーンから、特別なパーティーシーンまで。

お気に入りの一本で男性ならではの魅力を、アップさせてみてくださいね。

 

ABOUTこの記事をかいた人

Haruko

華の女子大生ライター。 旅行メディアやビューティーメディアで執筆中。 アパレル・コスメブランドでのバイトでは、日々自分らしいおしゃれを研究しています! danCeでは女子大生ならではのトレンド感で、リアルな声を発信します。