メンズ眉毛の整え方を写真を使って解説!おすすめの商品もご紹介

メンズ眉毛は「整える」もの

メンズの皆さん、眉毛は整えていますか?
ここで女性の正直な意見を述べさせてもらいます。
「ナチュラルが一番」なんて真っ赤な嘘です!

眉毛を整えなくてもモテたり、かっこよかったりするのは極々一部の選ばれし者たちだけです。

生まれつき眉毛の形が完璧な人以外の私たちには、眉毛を整えることしか道はありません。
眉毛を整えるだけで超簡単に垢抜けます。

男性が眉毛を整える、と聞くとヤンキーのような剃りすぎた細眉を想像してしまうかもしれませんが、そうではありません。
ナチュラルに「整える」のが正解です。

抜くのも切るのも慣れるまではやめましょう。
剃刀で十分です。

これだけは覚えておきましょう。
「眉毛は抜きすぎたら地獄!」

今回は筆者弟の協力の元、『超簡単』な眉毛の整え方を3ステップでレクチャーしていきます。

はじめてのメンズで彼女や女友達、姉か妹がいるメンズは、ぜひ手伝ってもらいましょう!
もちろん一人でもできるので、挑戦してみてくださいね。

 

【メンズ眉毛】まずはビフォーをチェック

いい感じにぼさぼさですね。
弟は生まれてから一度も眉毛を整えたことのないバージン眉毛です!

毛は細めで少な目ですが毛の生えている範囲は広め。
もともと毛は薄めの体質なので、整えたあとアイブローペンシルで足していくのがよさそうですね。

側面を見てみると結構ムダ毛が多いので、ここも全部綺麗にしていきましょう。

 

眉毛を整え方STEP① 道具を揃えよう

まずは道具を揃えないことには始まりません。
今回使う道具は3つだけ!

そして、髪が黒いメンズは2つだけ用意していただければ十分です。
弟は髪の毛の色も黒いので、眉マスカラは使用しませんでした。

 

【アイブロウペンシル】

形を決めたり、仕上げに使います。
自分の髪色に合ったものを選びましょう。
今回はちふれのアイブロウを使ったのでそちらをご紹介します。

▶︎ちふれ化粧品 アイブロー ペンシル くり出し式 32 グレー

ブランド:ちふれ
価格:462円

ドラッグストアで購入可能。
コスパが最強です。

購入はこちらから

 

【電動シェーバー(または剃刀)】

電動シェーバーはあると非常に便利ですが、I字の剃刀でも代用できます。
初心者さんは慣れてきたら電動、という形にしてもいいかもしれません。

 

▶︎マユシェーバー シルバー調 ER-GM20-Sブランド:パナソニック

価格:1589円

スタイリッシュなボディカラーのこちらの商品。
眉の長さも整えられる高性能なタイプ。
電池は別売りです。

購入はこちら

 

▶︎アニィ L フェイス用(ガード付) 3本入×3個セット

ブランド:FEATHER
価格:607円

3本セットでコスパ◎。
ピアニィシリーズはすべてガード付きなので安心です。

購入はこちら

 

【眉マスカラ(必要な人だけ)】

色は揃えた方が垢抜けます。
髪色が黒でないメンズは用意できるといいですね。

 

▶︎ヘビーローテーション カラーリングアイブロウ03 アッシュブラウン 8g

ブランド:ヘビーローテーション
価格:880円

眉マスカラといえばこれ!
カラー展開も豊富なので自分にぴったりの色を見つけやすいです。
髪色を頻繁に変える、というメンズにも、コスパがいいのですすめしたいです。

購入はこちらから

 

番外編!このあたりは慣れてきたら使おう

今回は眉毛初心者さんに贈りたいので、こちらの道具は使用してません!
初心者さんがハサミや毛抜きを使うと取り返しのつかないことになりかねません。

毛抜きはシェーバーと違い生えてくるのが遅かったりするので、慎重に使いたいものです。
眉毛を整えるのに慣れてきたメンズはぜひつかってみてくださいね。

 

【毛抜き】

ここの毛絶対にいらないでしょ!という毛には毛抜きでアプローチしましょう。
毛抜きは剃刀と違いすぐに生えてこないので、慎重に使いましょう。

 

▶眉毛ピンセット 高級ステンレス製 レザーケース付 (3本セット)

ブランド:genyin
価格:799円

3タイプのピンセットで抜けない毛はないでしょう。
レザーのケースがおしゃれですね。

購入はこちら

 

【眉用コーム】

コームを使って眉毛の長さを整えていきます。
これがないと一部だけ切りすぎてハゲになってしまったりするので過剰な自信は捨ててしっかり用意しましょう。
筆者はその昔謎の自信からコームなしでカットしハゲた経験があります。

 

▶︎シュエトゥールズ ブローブラシコーム

ブランド:資生堂
価格:901円

百円均一にも売っていますがここでは高級なコームをご紹介。
ずっと使うものなので、最初にいいものを揃えるのも素敵ですね。

購入はこちら

 

【眉用ハサミ】

コームと一緒に使います。
普通のハサミの3分の2ほどの大きさで使いやすいです。
ミスると眉毛がハゲるので慎重に。

 

▶︎アイブロウシザーズ 212

ブランド:資生堂
価格:1937円

調整された絶妙なカーブが魅力的です。

購入はこちら

 

眉毛の整え方STEP② 形を決めよう

まずは形を決めます。
初心者さんにおすすめしたいのは、自眉を活かしたナチュラルストレート眉。

整えすぎないナチュラル感で、元から眉毛整ってる感をだしましょう。
注意したいのは細くしすぎないこと。
できるだけ自眉を活かして太めにとっていきましょう。

足りないところは最悪アイブロウペンシルで書き足せば大丈夫です!

 

下書きしていきます

下書きはアイブロウで思いっきり書いてしまいましょう。
ここでは海苔みたいになっても構いません。
これはあくまで下書きです!

コツは全体を見ること。
左右対称になるように形を整えてあげてください。

また、人間の顔は左右非対称なことが多いです。
なのでそこまで神経質に整える必要はありません。
全体で見て不自然でなければ完璧です。

 

眉毛の整え方STEP③ 除毛、そしてアイブローで毛を生成

ここで注意です、一度剃ったり抜いたりした毛はしばらく生えてきません!(当たり前ですが……)
慎重に形を整えていきましょう。

先ほども言いましたがポイントは全体を見ること。
おでこにシワを寄せたりすると本来の形に剃れなかったりするので、おでこにシワは寄せないようにしましょう。

いらない毛を剃り終わったら、髪色に合ったアイブロウで一本一本丁寧に書き足していきます。
毛が薄い、思った場所に毛が生えていない、間違えて剃ってしまった、というメンズだけで大丈夫です!
弟は毛が薄いので、一旦下書きを落としてから書き足していきます。

ここでポイントなのは眉頭をぼかすこと!
ここをぼかすことで眉毛を書いてる感がなくなります。
今回は扱いやすくナチュラルに見えやすいペンシルタイプを使っていきます。

 

毛の色は揃えよう

髪色と眉毛の色は統一した方が垢抜けるので、明るい髪色の場合は眉マスカラをしましょう。

毛の量が多いというメンズにも眉マスカラはおすすめ。
慣れないととても難しいですが、上手に取り入れられたらさらに垢抜けます。

①まずは眉マスカラについた余分な液はティッシュでオフするかフチでしっかりとしごきましょう。
地肌についてしまったりするとメイクしてる感がでてしまうため、ここは丁寧にしてください。

②毛流れに逆らって(眉尻から眉頭の方向に)少し浮かせながら塗っていきます。
根本も丁寧に塗ってあげてください。

③仕上げに毛流れに沿ってマスカラを滑らせ眉毛を整えます。
以上で完成です。

毎日眉マスカラはめんどくさい!というメンズは、脱色クリームや美容院で眉毛をカラーリングするのも手です。
毎日の手間が省けますし、眉マスカラの色もきれいにのります。

 

不器用さんは無理せず眉毛サロンがおすすめ

とはいえ、眉毛を整えたことなんてない!というメンズがはじめて自分で整えるのは少々危険。

多少お金に余裕があるのなら、最初はサロンで整えてもらって、眉毛が生えてきたらサロンで整えてもらった形に沿って自己処理する。
という方が安全で確実かもしれません。

最近はメンズ専用のサロンもたくさんあります。
ハードルも低くなっていますし、はじめの一回だけいく、と考えればコスパは悪くないはずです。
自分でやってみて失敗したまま一か月過ごすよりかは、絶対にサロンで整えてもらう方がおすすめ。

 

▶plus 8
初回はなんと3700円!
メンズ眉毛の専門店で、新宿店、銀座店、銀座2丁目店、横浜店の4店舗で経営しています。

基本のメンズ眉毛から、トレンドのメンズ眉毛まで対応しているので理想のメンズ眉毛にしてもらえます。
気になるメンズは要チェックです!
ご予約はこちらから

 

メンズ眉毛の劇的ビフォーアフター

ビフォーと比べると目元がきりっとしましたね。

所要時間は今回で約20分。
自分でやってみるともう少しかかるかもしれませんが、たったこれだけの手間で見違えるほど変わります!

眉毛を整えないのはもったいないです。
ゲームする時間や趣味の時間、ほんのちょっとだけ割いてかっこよくなりませんか?

かっこいいメンズがもっともっと、増えますように!

ABOUTこの記事をかいた人

モテプロデューサーしのちゃん

冴えない男の子をかっこよく変身させる「モテプロデューサー」を生業とする23歳。付き合い当初は目立たなかった彼氏をプロデュースすると、全彼氏が浮気して巣立っていった悲しい過去を生かし、今は心までかっこいい男性をプロデュースしています。自分好みの男の子を増やし、自分が住みやすい世界を作ることが、密かな野望。 個人的に好きなタイプは、細身で猫背の男の子です。