「男のメイク」女性の印象は?初心者の方が知っておくべき知識について

男性のメイクが最近話題って本当?


メイクというと、女性がするイメージが強いもの。
男性でメイクといっても、芸能人の方のステージメイクといった印象ぐらいしかないのではないでしょうか。

ですが昨今、SNSや雑誌などで話題になっているのが男性向けのメイク。
性別の垣根を超えるという意味の「ジェンダーレス」がトレンドとなっていることもあり、じわじわと人気を高めてきているんです。
10代の男性はもちろん、20~30代、あるいはそれ以上のサラリーマン世代にもその波は来ており、今後ますます男性のメイクが定番化することも予想されています。

そんな男性のメイクですが、「メイク」とひとくちに言っても、その方法や使うアイテムは人それぞれ。
肌のコンプレックスをカバーして、表情を生き生きと見せるためにコンシーラーやファンデーションでメイクをする男性や、自身を強く魅力的に見せるために眉や目元にメイクをする男性、自己表現のためにカラーメイクを楽しむ男性などさまざまです。

今回は、そんな話題になっている「男のメイク」についてたっぷりご紹介してきます。
すでにメイクを楽しんでいる男性はもちろん、これからメイクを試してみたいという男性もぜひご覧ください。

 

男のメイクに対する、女性の印象は?


まずは男性の皆さんが気になるのは、異性である女性が「男のメイク」に対してどのような印象があるのかな?ということではないでしょうか。
少しずつ男性のメイクが浸透してきたとはいえ、まだまだメイク=女性のものという印象が強いのは事実。
「えっ?男性がメイク?」と驚かれることもあるかもしれません。

ですが、清潔を保ち人に好かれる姿を作るのは、男性でも女性でも必要なこと。
むしろ清潔感をしっかりと保とうとする努力が、女性から好印象なこともあるのです。
きちんとスキンケアをして、メイクで顔を整え、常に良い自分であろうとする男性には、女性も好印象を持ってくれるのではないでしょうか。

ただし気を付けたいのは、自分を良く見せようとあれこれ塗り重ねてしまうこと。
女性もそうですがいわゆる「厚化粧」は苦手と思う方が多く、悪印象になってしまいがちです。
メイクをするのであれば清潔感のある落ち着いたものにするよう、心がけましょう!

 

じわじわ増えている男性向けメイクブランド


そもそも昔から今も、多くのスキンケアブランドから男性向けのスキンケアアイテムや保湿アイテムも多数展開されています。
メイクに興味があまりないという方でも、髭剃り後のローションや乾燥時のリップクリームは塗っている、という人も多いのではないでしょうか。

ただ、いわゆるファンデーションやポイントメイクアイテムなどの男性用「メイクコスメ」を取り扱うブランドはほとんどありませんでした。
そのため、メイクをしたい男性は女性用のコスメを使うほかありません。
ですが、やはり男性と女性では肌質が違うこともあり、なかなか満足いくメイクができなかったという方も多かったようです。

そんな中、有名ブランドのシャネルやTHREEなどがコスメのメンズラインを発表!
「ボーイドゥシャネル」、「FIVEISM×THREE」といったメンズ用のコスメブランドでは、男性の肌やファッションにも似合うカラーや使い心地のメイクコスメが販売され、メイク男子からも注目を集めました。

シンプルでスタイリッシュなパッケージも魅力のメイクコスメブランドは、女性からも「おしゃれ!」と注目されています。
今まで「男性でも違和感なく使えるメイクブランドがなかなかない……」と悩んできた方には、まさに朗報となったといえます。
そして、メンズコスメが注目されたのをきっかけに、今までメイクをしたことのない男性でもメイクに興味を持つ方がぐんと増えているのです。

↓詳しくメイクについて知りたい方はこちら↓

男のたしなみメンズコスメ。知っておきたいブランド3選

2019年10月10日

 

メイクもジェンダーレスに!?


メンズコスメのブランドも人気を集める一方、「ジバンシィ」などのメイクブランドは、男女問わず使えるジェンダーレスのコスメシリーズを発表。
「ミスター」シリーズでは、コンシーラーなどのベースメイク商品がラインナップされています。
デザインも洗練されているので、初めてメイクをするという男性でも手に取りやすいでしょう。

また、今までエレガントなものやかわいいデザインのものが多かった女性向けのコスメブランドも、シンプルでシックなデザインのメイク品を多く発表しています。
昨今話題になっている「棒コスメ」といわれるスティックタイプのメイク品は、かわいらしすぎず男性でも違和感なく使えるアイテム。

男性だけではなくかわいらしすぎるデザインが苦手、という女性からも人気を得ています。
特にポイントメイクアイテムなどは肌質を問わず使えるものが多いので、男性用・女性用と分けることなく、本当に好きなメイクグッズを探す楽しみも得られそうです。

ジェンダーレスのコスメが出たことにより、恋人や夫婦でメイク用のコスメを共有する、という楽しみ方をする方も増えてきています。
メイクが気になる、という男性は思い切ってメイクの先輩である女性に相談してみるのもいいかもしれませんね。

話題のジェンダーレスコスメ!メンズメイクにおすすめの人気ブランドとは?

2020年8月19日

 

男のメイクで得られるメリットとは?


男性がメイクをすることのメリットは、実はたくさんあるんです。
まずはニキビ跡や青髭、シミなどをカバーすることで清潔感のある肌をアピールできること。
きめ細かな肌をメイクで作ることにより、爽やかな雰囲気を演出することができます。

さらに顔色が悪いときにはチークやハイライトをプラスすると、生き生きとした表情も作ることができます。
デートではもちろん、ビジネスシーンでも好感触が得られるので、仕事もきっとうまくいくことでしょう。

また、薄い眉やぼんやりとした目元にメイクを施すと、キリッとした男らしい雰囲気に。頼りがいのある男に見えるので、上司や部下からも信頼を勝ち取れそうです。
丸顔でやさしく見られがちな男性は、シェーディングなどで輪郭補正をすると、男らしい表情になりますよ。
このようにメイクには、顔の表情をより生き生きとした素敵なものにする効果が期待できるんです。

 

こんな男性にはメイクがおすすめ!


女性がメイクをするメリットとしてよく挙げるもののひとつに「メイクで自分をもっと好きになれる」ということがあります。
メイクには自分のあまり好きではない部分を上手に隠し、自分が好きな部分を強調することで、より理想の自分に近づけ自分を愛せるようになる力があるんです。

そのため、もともと肌や顔にコンプレックスがあるといったような、少し自分に自信がない男性にもメイクはおすすめなんです。
悩んでいた部分を上手にカバーできれば自分に自信が持て、より楽しく明るい毎日が過ごせるはずです。
さらにメイクを楽しむことにより、自然と肌の状態に目が行くことも。栄養バランスの良い食事や適度な運動、良質な睡眠を心がけると肌の調子が良くなるもの。暮らしも整い、健康にも役立つことでしょう。

また、普段からファッションを楽しむ男性にもメイクはおすすめ。お洋服や靴、髪型などを好みのものにしたら、ぜひメイクもプラスしてみてください。
ファンデーションや眉メイクなどを楽しむだけではなく、アイカラーやネイルカラーなど色で遊ぶメイクをすると、よりおしゃれなコーディネートを楽しむことができるでしょう。

それから、前述したようにメイクをすることで人に好印象を与えることができるので、接客業などビジネスマンにもメイクはおすすめです。
強面顔や、逆に頼りない印象を与えてしまう顔の方は、印象を和らげるようなメイクをすると、お仕事もうまくいくことでしょう。
また、メイクをすることで仕事の「オン/オフ」を切り替えることもできるので、メリハリのある暮らしをしたいと考える方にもおすすめです。

 

男のメイクに最低限必要なものとは?

先ほども紹介したように、メンズメイクで厚化粧はNG。
また女性のように、色鮮やかな発色の良い製品を使うというのも、最初は気が引けてしまうという方もいらっしゃいますよね。

メンズメイクに必要なものは、素材の輝きをさらに高めてくれるような商品で良いでしょう。
具体的には、ベースメイクと言われる、肌の悩みを隠してクリーンな見た目にしてくれるものがおすすめです。

こちらの記事では、ベースメイクに関する疑問や、必要なものをご紹介しております。
初心者の方は、まずはベースメイクから!

参考にして、チャレンジしてみてください。

男はベースメイクで垢抜ける!知っておきたいモテるメンズメイクのコツ

2020年7月15日

 

男性もメイクで毎日を楽しく!

最近注目されている「男のメイク」について、女性の印象や得られるメリットを中心にご紹介してきました。
すでにメイクを楽しんでいる男性の方、そしてこれからメイクをしてみたいと思う男性のみなさん、いかがだったでしょうか。

少しずつ男女の垣根がなくなり、性別ではなく「自分」を表現するようになっている昨今。
男性がメイクで自分をより素敵に見せたり、ファッションを楽しみたいと思うのは当たり前のことなのかもしれません。

メイクは、自分をより好きになれるための素敵な道具。
ぜひ男性も好みのメイクコスメを手に入れて、毎日を楽しく過ごしてみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

mochi_kinako

SE・受付業を経て、現在はフリーのWEBライター。 ネイル、手芸、プロ野球観戦、インテリア……と多趣味で、様々なジャンルの記事が書けるのが強み。 danCeでは周りが男性ばかりだったSE時代に観察・実感した経験を生かし、男性の気持ちに寄り添った記事を執筆しています!