かっこいい趣味なら絶対バイク!ワイルドなモテ男になろう

バイクを趣味にしたいと考えている方、大正解です!

休日にやることがない、何かしたい、趣味がほしい、そうだバイクだ!
と閃いた方、天才です。

かっこいい乗り物といえば、思い浮かぶのはバイクではないでしょうか。
小さい頃からバイクに乗ることが憧れ、という方も多いかと思います。

最近では若者のバイク離れが囁かれていますが、バイクにはたくさんの魅力とメリットが詰まっています。

バイクを趣味にするメリットとデメリットは?

若者のバイク離れが進んでいますが、その原因はデメリットに直結していると考えられます。

しかし!
声を大にして言わせていただきたいのは、デメリットよりも遥かに大きいメリットがあるということです

はじめにバイクのデメリット、次にメリットという順番で説明していきますね。

バイクを趣味にするデメリット①お金がかかる

バイクを趣味にするデメリットの半分はお金問題。
バイクにかかるお金は、実はこんなにあります!

・免許取得にかかる費用全般
・バイク本体
・ヘルメットや手袋、プロテクター等の小物類
・保険料
・駐車料金

初期費用とランニングコスト(保険や駐車料金など)を含めても、バイク本体の価格にもよりますがざっと100万円は必要でしょう。

けれど、最近ではローンを組むこともできるので、ある程度の収入があれば多少の頭金でもバイクを購入することは可能です。
実際に筆者は大学時代にローンを組んだのですが、最初に払ったお金はそこまで負担になる金額ではありませんでした。

バイクを趣味にするデメリット②危ない

バイクは車とは違い生身で運転するため、守ってくれる壁はありません。

高速道路などで走る時は強風に煽られたりと、腕の力で操作するため危険も大きいです。
また2輪という性質上倒れやすいという危険もあります。

しかし転倒の危険に関しては、雨や雪の日は運転しない、水たまりを避けるなどの工夫で防ぐことができます。

また交通事故の危険に関しても、慣れるまでは2時間以上運転しないようにしたり、注意を怠らないよう運転するだけでその可能性は排除できます。

バイクを趣味にするメリット①圧倒的に楽しい!

バイクを趣味にすることの何が一番いいか、それは楽しいということ!

日々のストレスや悩みが、バイクに乗ることで吹っ飛びます。
自分の体一つでどこにでも行ける感覚、バイクとの一体感、それは何物にも変えがたい物です。

また、バイクに乗っているかっこいい自分に酔うことができ、非日常を味わえます。
普段はデスクに張り付いてずっとパソコンとにらめっこ、毎日歩き回って営業……
という日常は、バイクに乗ってしまえば一瞬で消え去ります。

バイクを趣味にするメリット②週末に外に出かけるきっかけになる。

「社会人になってから、休日はどこにも行かない、出不精になってしまった」
という方、意外と多いのではないでしょうか?

バイクを趣味にすれば、そんなことは一切なくなります!

次の休日はバイクに乗ってどこへ行こう、そうだ奥多摩で釣りをしよう。
など、やりたいことは次々と浮かぶことでしょう。

バイクを趣味にするメリット③同じ趣味の仲間ができて出会いが増える

家族しか心許せる人がいない、会社の人はプライベートでは会わない、地元から一人で出てきたから気の合う友達も周りにいない。
休日に遊ぶ友達がいない……。
そんなあなたにはぜひバイクを趣味にして欲しいです。

社会人サークルのように、バイクサークルはたくさんあります。
ネットやTwitterなど、さまざまなところで募集しているので、自分にぴったりな居場所を見つけることができます。

また、一人でツーリングに行った先で趣味友達ができるなど、出会いはたくさんあります。

バイクを通じて人との出会いをもっと豊かにできるのです。

まずは免許をとろう!

バイクに乗るために必要なのは免許!
バイク乗りになる為の第一関門ですね。

バイクの免許の難易度や、取得期間が気になる方はたくさんいると思いますが、筆者の体験談をもとに見てみましょう。

難易度は?

ずばり車より簡単でしょう。
これは筆者が免許をとった際の肌感覚ではありますが、バイクの免許の方が簡単でした。

車の免許を先にとっていれば、一般的な道路交通ルールが頭に入っているため、あとはバイクの操作方法だけです。
もし先に車の免許をとるのなら、ATではなくMTにすることでバイクの感覚も掴みやすくなるでしょう。

運動は音痴気味な筆者でも復習なしでとることができたので、そこまで難易度は高くないといえます。

とれるまでの期間は?

人にもよりますが、最短で2週間、社会人で平日は会社があるため休日のみ、という方でも3ヶ月あれば取得できるでしょう。

バイクの免許にも合宿があります!

その場合5泊6日などの超最短コースもあるみたいなので、自分時間に合わせてとることができますね。

免許はどこでとれるの?

車と同様、指定自動車教習所に通います。

先ほども書きましたが、合宿をやっている教習所もあるので自分のライフスタイルに合わせて選びましょう。

家の私有地が広くて練習場所がある、という方は運転免許試験場で一発試験をすることも可能。
ですがそれでは難易度が高いためおすすめはできません。

女子ウケのいいバイクはこれ!

せっかくなら女の子を後ろに乗せたりしてみたいですよね。

ここでは女性目線でかっこいいバイクをピックアップ!

自分がかっこいいと思うバイクに乗ることが一番ではありますが、意見の一つとして参考にしてみてくださいね。

ステキな相棒が見つかりますように!

▶︎YAMAHA SR400

ブランド:ヤマハ
価格:58万3,000円(メーカー希望小売価格)

1978年からずっと変わらないクラシックなスタイルで、飽きがきません。
バイクといえばSR400を思い浮かぶ方が多いかと思います。

ヤマハの最高傑作です。

詳しくはこちら

▶︎KAWASAKI Ninja 400 

ブランド:カワサキ
価格:72万6,000円(メーカー希望小売価格)

400ccのバイクでこのハイクオリティさがninja400の魅力。
サイズ感はミニマムですが、スーパースポーツに乗りたい初心者の方にもぴったりです。

一台目の相棒に選ぶ人も多数。

詳細はこちら

かっこいいヘルメットで自分を守ろう

バイクに乗るのであればヘルメットは必須!
そもそもヘルメットがなければ交通違反で捕まってしまいます。

また、ヘルメットはいざという時に自分の命を守ってくれる最重要ツールですので、絶対に被りましょう。

最近ではおしゃれなヘルメットもたくさんあります。
ここで紹介するのは極々一部ですが、ぜひ参考に自分にぴったりな物をさがしてみてくださいね。

▶︎ショウエイ(SHOEI) バイクヘルメット フルフェイス ~ X-Fourteen ホワイト M (頭囲 57cm~58cm)

ブランド:SHOEI
価格:5万980円

国内ヘルメットブランド最高峰といえばショウエイ。
シャープでスタイリッシュなデザインがかっこいいですね。

ショウエイのヘルメットをコレクションするのが趣味!という方もいらっしゃるそう。

こちらの商品はサーキット仕様なため、スペックは他のヘルメットよりも圧倒的に高いですが、その分お値段も。

しかし自分の命には変えられません。
ヘルメットは買える範囲でいい物を選びましょう!

購入はこちらから

▶︎アライ(ARAI) フルフェイス ベクターX グラスホワイト 55-56cm VECTOR-X_GWH55

ブランド:ARAI
価格:4万627円

先ほどの商品よりお手軽なお値段。
ですがこちらのヘルメットには、運転が快適になるとある仕組みが。

安全性も高い物なので、バイク初心者さんにはぴったりです。

購入はこちらから

バイク、欲しくなってきましたか?

疑問点は解決できましたか?
バイクを趣味にするにはなかなかハードルも高いですが、その分喜びはとても大きいです。
趣味がなかなか見つからない方は、ぜひ一度バイクの世界を体験してみてください。

かっこいいというだけでなく、人生を豊かにしてくれるバイクを趣味にして、もっともっと楽しい毎日を。

ABOUTこの記事をかいた人

モテプロデューサーしのちゃん

冴えない男の子をかっこよく変身させる「モテプロデューサー」を生業とする23歳。付き合い当初は目立たなかった彼氏をプロデュースすると、全彼氏が浮気して巣立っていった悲しい過去を生かし、今は心までかっこいい男性をプロデュースしています。自分好みの男の子を増やし、自分が住みやすい世界を作ることが、密かな野望。 個人的に好きなタイプは、細身で猫背の男の子です。