彼女との結婚前の同棲って実際どう?男性に知っていてほしい女性の思い

結婚前の同棲って、女性から見てどう?

結婚を考えるほどの大切な彼女。
そんな彼女と結婚前に同棲したいと思うのは、自然なことですよね。
とはいえ、同棲というのは結婚ほどではないにしろハードルが高く感じるもの
特に新しく家を探したり家具をそろえたりするときには金銭的な負担もあるので、よりハードルが高く感じるでしょう。
さらに、パートナーである彼女に結婚前の同棲を切り出すというのも勇気が必要ですよね。

今回は、結婚前に同棲することのメリットやデメリットを女性目線でご紹介。
うまくいく場合・失敗する場合の特徴や同棲時の注意点をご紹介します。

なかなかパートナーに同棲の提案を切り出せない……という男性もぜひチェックしてみてください。

結婚前の同棲をするメリットとは?

まずは、結婚前に同棲をするメリットをご紹介します。
「同棲ってなんだか面倒そうだな……」としり込みしている男性もメリットを知れば、同棲してみたくなるかもしれませんよ。

①大好きな彼女と時間を気にせず一緒にいられる

なんといっても結婚前の同棲のメリットは、これに尽きるでしょう!
デートの後「さみしいな」と思ったり、仕事が忙しくてなかなか会えなかったり……。

そんな結婚前のカップルには、朝も夜も一緒にいられるというのは最大のメリットとなりうるはずです。

②金銭的な負担が減る

例えば彼女との家が離れている場合は、おうちデートと言っても交通費がかかりますよね。
同棲であれば行き来する必要がありませんので、金銭的な負担はグッと軽くなります。

また、お互いが1人暮らしの場合はそれぞれの家賃や水道光熱費が安くなることが予想されます。
食費も1人分を買うより2人分を買うほうが安く済むこともあるので、コスパの良い暮らしをすることができそうです。

③家事なども分担できる

1人暮らしをしている方ならわかるかと思いますが、毎日の家事というのはとても大変。
掃除、洗濯、調理やペットの世話、家計管理、買い物などなど様々な家事も、2人で分担するとその分楽になります。

また、体調不良のときや仕事が忙しいときには相手に頼ることもできるので家事の負担も減るでしょう。

④結婚に対して前向きになれる

同棲なしのお付き合いの場合や、短期間のお付き合いの場合、彼女のすべてを知ることは難しいもの。
そのため、結婚がしたくても「うまくやっていけるだろうか?」と疑問を覚えてしまうこともありますよね。
結婚前に同棲をしておくと「こんな子だとは思わなかった!」という衝撃を和らげることができるでしょう。

逆に女性からも「これなら結婚しても大丈夫かも!」と思ってもらえる可能性もあります。

やっぱり知っておきたい。結婚前の同棲のデメリット

メリットに続いては、結婚前の同棲のデメリットをご紹介。
特に結婚の予定がはっきりと決まっていないときの同棲の注意点もお届けしますので、ぜひご覧ください。

①自由が減る

一緒に暮らすとなると、1人暮らしや実家暮らしのときのようにすべてが自由というわけではありません。
お風呂に入るタイミングやテレビを見るタイミングも彼女と話し合わなければいけないので、今まで自由に生きてきた男性にとってはやや息苦しさを感じてしまうかもしれません。
さらに、食事や部屋で聞く音楽などもすべて自由にはできないというデメリットも感じてしまうかもしれません。

不安な場合は個々の居室を作る、交代でお互いの好きなように過ごすなど話し合いをするとよいでしょう。

②ペースを乱される

朝はゆっくりしていたいのに、彼女が早朝から動いていて目が覚めてしまう……。
彼女がずっと話しかけてきて、読みたい本が読めない……。
洗濯は週末にまとめてやる、と決めているのに彼女がだらしないと怒る……。
などなど、「100%自分のペース」ができなくなるのも同棲のデメリットと言えるでしょう。

結婚前とはいえ暮らしを共にする者同士ですので、きちんと話し合いお互いの妥協点を見つけていくことが肝心となります。

結婚前に別れる同棲カップル・うまくいく同棲カップル。違いは?

結婚前の同棲の最中に、別れてしまうというカップルの話を耳にする方も多いかもしれません。
一方で、同棲中にプロポーズをして結婚までたどり着いたというカップルも。

その違いはいったいどこにあるのでしょうか。
5つのポイントに分けてご紹介します。

①ルールをきちんと作る

家賃をどちらがどのぐらい負担するのか。
家事はどちらがどのぐらい行うのか。
友達を家に呼ぶことの是非や、門限の有無、プライバシーを守るか否かなどなど。
そんなルールをあらかじめ決めておくと、もめごとはぐんと減ります。

結婚前だし大げさな……と思うかもしれませんがルールがないと不満がたまり、後々の喧嘩の種になる可能性もあります。
なるべくしっかりと決めて、同棲中にも見直すようするのが長く同棲生活を続けるポイントです。

②完璧を求めない

結婚前の同棲中についつい過去の彼女や自分の母親と彼女を比べてしまう……というのは、女性側からすると非常につらいもの。
また、自分自身の暮らしのスキルと比べてしまったり、完璧を求めてしまったりすると女性が疲れてしまいます。
たとえ1人暮らしをしていたとしても、同棲自体は初心者。
やりくりなどがうまくできなくても当たり前です。
仮に家事の面や生活習慣の面などで不満があったとしても、すべてをクドクドと指摘するのはやめましょう。

あまりにひどすぎると「モラハラ」と認定され、結婚前でも破局という結果になってしまうでしょう。
暮らしはあくまで2人で作り上げるものという意識を持つカップルは、別れずうまくいくはずです。

③甘えすぎない

家事=女性がするもの、という先入観がある方がやってしまいがちなのがアレコレ女性に丸投げしてしまうこと。
「ご飯まだ?」「これ、アイロンかけておいて」などと家事を頼みすぎると、女性は「家政婦扱い?」「私はママじゃない!」と不満を持ってしまいます。
結婚前からそういったことばかりが続くと「この人とは結婚できない」と女性から見切りをつけられてしまうことも……。

まず最低限、自分のことは自分できっちりすること。
そのうえでお互いにできることを分担するようにしましょう。

これだけはNG!女性にしてはいけない3つのこと

結婚前の同棲というのは、女性としても「このまま結婚してもいいかな?」と見定める期間ともいえます。
そのため、以下のことをしてしまうと女性は「もう嫌!」となってしまいます。
無意識にしてしまうことのないよう、何度でもチェックしておきましょう。

①詮索・束縛する

帰宅時間や持ち物など、同棲中は女性のあれこれが気になるもの。
ですが、お互いのプライバシーはきっちりと守るのが結婚前の同棲をうまくいかせるコツです。

例えば女性のスマートフォンに着信があったときでも「誰から?!」と食いつくのはNG。
気になるなら「仕事?大変だね」などと言ううぐらいが無難でしょう。

また「出かける場合はすべて報告すること」などの束縛もNG。
それぞれを尊重しながら同棲を続けることが結婚前からできていれば、結婚後もうまくいくでしょう。

②将来設計を後回しにする

結婚前の同棲で女性が感じる一番の不安は「このままなし崩しとなって、結婚までたどり着かなかったらどうしよう……」ということではないでしょうか。
結婚願望のない女性であれば問題ないかもしれませんが、結婚や出産にあこがれのある女性の場合はダラダラと同棲生活を続けることには不満が募りがちです。

そういったことを避けるためには「とりあえず更新までの2年間」や「〇〇歳になるまで」など、あらかじめ区切りをつけておくのがおすすめです。
また、結婚前の女性が結婚をほのめかすようなことを言ったときには素直に自分の気持ちを伝えることが大切。
聞こえなかったふりをしたりごまかすのはやめましょう。

③女性として接しなくなる

お風呂上りでくつろいでいるすっぴんの姿や仕事帰りで疲れている彼女をどうしても女性として見られない……。
結婚前なのに、いつの間にか「恋人」ではなく「家族」「兄弟」のような関係になってしまった……。
ということもあるかもしれません。

どうしても24時間一緒にいると、女性の「素」というのが出てきてしまいます。
いわゆる色気のないような格好や、生活感あふれる姿が嫌という方も多いかもしれませんが、同棲中に常に気を張っていなくてはいないというのは女性にとってつらいものです。
自分の前で「素」でいてくれるということにときめくようにすると、再び彼女が魅力的に見えるかもしれませんよ。

彼女の部屋着が気にいらないというときには、かわいい部屋着をプレゼントするなどするのもいいかもしれませんね。
たまに外でデートをしてフレッシュな気持ちを思い出すのもおすすめです。

結婚前の同棲で、仲を深めよう!

 

大切な彼女と長い時間を過ごせる同棲は、結婚前にお互いのことをより深く知れるチャンス。
慣れないうちはお互いに戸惑ってしまうかもしれませんが、お互いの人格と暮らしを尊重しすり合わせていくことで2人の絆はより強まることでしょう。
また、女性は気持ちをきちんと言葉にして伝えてほしいもの。

「おいしかった」「ありがとう」「助かった」「うれしい」「大好き!」そんな言葉が飛び交う同棲は、きっと結婚前の彼女を幸せにしてくれることでしょう。
ぜひ大切な彼女に、結婚前の同棲を提案してみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

mochi_kinako

SE・受付業を経て、現在はフリーのWEBライター。 ネイル、手芸、プロ野球観戦、インテリア……と多趣味で、様々なジャンルの記事が書けるのが強み。 danCeでは周りが男性ばかりだったSE時代に観察・実感した経験を生かし、男性の気持ちに寄り添った記事を執筆しています!