正しいシェーディングの入れ方って? 小顔を目指す男子必見!

究極の小顔テク、シェーディングの正しい入れ方って?

メンズメイクに挑戦したり、コスメを集めたりするうちに、“シェーディング”という言葉に出会ったことはありませんか?
シェーディングはベースメイクのテクニックの一つで、顔に陰影をつけ、メリハリを与えることで小顔に見える効果があります。
ベースメイクにこだわるメンズメイクでは肝となるアイテムなので、やり方やテクニックを身につけたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

女性に比べて、髪が短い方の多い男性。
髪で小顔効果を出すことが難しい場合も多いので、メンズメイクにシェーディングは必須といっても過言ではないでしょう。
また、顔に陰影をつけるテクニックにはシェーディングの他にも、コントゥアリング、ストロビングといったものもあります。

そこで今回は、シェーディング、コントゥアリング、ストロビングの正しいやり方とおすすめのアイテムをご紹介いたします。
小顔を目指す男性は、たくさんチェックしてみてください!

顔にメリハリをつける、ベースメイクの3大テクニック!

肌の色を整えて滑らかにするファンデーションや、毛穴やニキビ跡を隠すコンシーラーが、守りのベースメイクだとすれば、シェーディングやコントゥアリング、ストロビングは攻めのベースメイク。
顔全体に陰影をつけることで、やり方次第でメリハリのある顔につくりこむことができます。

シェーディングとは?
フェイスライン(輪郭)や鼻筋、小鼻、顎、生え際などにブラウン系の肌色より濃い目のカラーで影をつくるメイクテクニック。
小顔に見せたい、面長・丸顔が気になる、鼻が低いのが気になるなど、コンプレックスに思っている部分に入れることで、それを解消することができます。

コントゥアリングとは?
コントゥアリングは、海外セレブから火が付いたメイクのやり方。
シェーディングとハイライトを駆使して顔に陰影をつけ、メリハリを出します。
パウダーでぼかすのではなくパキっとしたカラーのクリーム系のアイテムを使い、顔をキャンバスのように自由に使って大胆に塗っていきます。

ストロビングとは?
「ストロボ」が語源になったこのメイクテクニックは、まるでストロボに光を当てたかのようなツヤっぽさを出してくれます。
ストロビングも陰影をつけるテクニックの一つですが、ハイライトのみを入れるため、コントゥアリングよりもナチュラルな印象を与えることができます。

それぞれ自分の雰囲気や好みに合うものを選んで上手にメリハリを出せると、小顔効果や顔の彫が深く見える効果があるなど、メイクのレベルもワンランクアップします。
次の項目でやり方の詳細やおすすめのアイテムをご紹介しますので、ぜひ挑戦してみてください!

シェーディングのやり方&おすすめアイテム

まずは一番定番のシェーディングのやり方からご紹介いたします。

シェーディングのやり方
①下地とファンデーション、コンシーラーなどで肌を整えたら、大きめの筆にファンデーションよりも2~3トーン暗めのパウダータイプのシェーディングを取ります。
②前髪の生え際から頬骨までをサッと撫でるようにブラシを滑らせ、影をつくっていきます。
③頬骨から顎までをなぞり、丸顔から逆三角形のフェイスラインをつくります。
④ノーズシャドウを眉の生え際から小鼻の横までスッと真っすぐに入れ、鼻を高く見せます。

シェーディングのやり方で注意したいのは、濃く塗りすぎないこと。
筆にとったあとに軽くパウダーを落として、薄く何度か重ねていくようにしましょう。
あまり濃くしすぎると、いかにも塗った感が出てしまい、不自然な印象になってしまいます。

おすすめアイテム

▶商品名:Too Cool For School Art Class by Rodin Shading Master アートクラス バイロダン シェーディング マスター ブラシ付き メイクアップ
ブランド:Too cool for school
価格:1499円

トゥークールフォースクールのシェーディングは、シンプルなパッケージデザインがメンズにもぴったり。
大きいラメが入っていないため、変なツヤ感が出ず、メンズでも違和感なく使うことができます。
カラーが3つ入っているため、自分の肌の色に合わせて使ったり、複数のカラーを混ぜたり、グラデーションをつくったりと、様々な使い方ができます。
ブラシがついているのも嬉しいポイント。

購入はこちらから

コントゥアリングのやり方&おすすめアイテム

続いて海外セレブやモデルのような、派手な顔立ちになれるコントゥアリングのやり方をご紹介いたします。

コントゥアリングのやり方
①下地とファンデーション、コンシーラーなどで肌を整えたら、2トーンほど明るめのクリームタイプのハイライトを取り、鼻筋の真ん中や眉下、目の下、顎先など、高く見せたい場所に乗せていきます。
②次にシェーディングを乗せます。
2トーンほど暗めのクリームタイプのシェーディングを取り、鼻筋の横、小鼻、フェイスライン、おでこの生え際などに乗せていきます。
③大きめの清潔なスポンジでぼかします。
内側から外側へ向かって、優しく肌に叩きこむようなイメージでぼかすと◎
自然な陰影がつくように、少しずつ鏡でチェックしながらぼかしていきましょう。

コントゥアリングのやり方で注意したいのは、思いの外大胆さが大事!ということ。
コントゥアリングは、ハイライト、シェーディングを大胆に使い、お絵描きをする気分でできる楽しいメイク方法。
ぜひ大胆に楽しみながら、顔にメリハリをつけていきましょう。

おすすめアイテム

▶商品名:グロウイングデイスティック 01 Lucent ハイライト
ブランド:ルナソル
価格:3300円

女性の間でも人気なのが、こちらのルナソルのハイライト。
ラメやパールが入ってないので、男性でも違和感なく使うことができます。
肌の内側から発光しているような明るさが出るため、コントゥアリングにもぴったり。
透明感のある肌を目指している方にもおすすめのアイテムです。

購入はこちらから

ストロビングのやり方&おすすめアイテム

最後に、ハイライトのみで抜け感のある肌に仕上げるストロビングのやり方をご紹介いたします。

ストロビングのやり方
① ストロビングでつかうハイライトは、クリームタイプ、パウダータイプどちらでもOKです。クリームタイプなら、下地とファンデーションの間。パウダータイプならファンデーションの後に使います。
② 額や眉頭、鼻筋の真ん中や鼻先、頬、顎先、唇の上など、高く見せたい、明るく見せたい部分に、少量ずつ重ねていきます。

ストロビングのやり方で注意したいのは、なるべくしっかり目に入れることです。
コントゥアリングと違い、シェービングを使わずにハイライトのみで顔にメリハリをつけるやり方のため、しっかりとハイライトが主張するよう重ねていきましょう。
ラメではなくパールの入っているアイテムであれば、やりすぎ感がなく上品な印象を与えられます。

▶商品名:ストロボクリーム #ゴールドライト [並行輸入品] ブランド:MAC
価格:4200円

MACのストロボクリームは、ストロビングのために開発されたようなアイテム。
肌の色を自然にトーンアップさせ、顔に立体感を与えてくれます。
ツヤ感も丁度いいので、透明感のある肌をつくることができます。
また、保湿しながらツヤ感を出してくれるので、乾燥肌でお悩みの方にもおすすめです。

購入はこちらから

シェーディングに挑戦して、小顔を目指そう!

顔にメリハリをつけ、のっぺり感をなくしてくれるシェーディングやハイライトは、輪郭や鼻の高さで悩んでいる方にぴったりのメイクテクニック。
やり方次第で、憧れの外国人のような彫の深い顔になることもできちゃいます。

メンズメイクを始めたなら、シェーディングのやり方やテクニックは覚えておいて損は無し。
「なんだか難しそう……」と思うかもしれませんが、やってみると自由自在に自分の輪郭を変えられるので、案外楽しくてハマってしまうかもしれません。

また、ファンデーションなどよりも、コスメ自体の価格がお手頃なので手も出しやすいはず。
今年の春はシェーディングに挑戦して、小顔男子を目指してみませんか?