メンズメイクのヒントが満載!ガチヲタホストが送るコスプレメイク

メイクは女性だけのものではない!

ここ数年浸透しつつあるメンズメイク。
そう、メイクはもう女性だけのものではないんです。
最近だと大手のコスメブランドが男性用のコスメが発表されるなど、メンズコスメが世の中に浸透しつつあります。

そんな中で今回は現役ホストでもある南条京垓(なんじょうきょうが)さんの、Youtubeチャンネル「きょうがの美男子になりたい!」にある、コスプレメイク動画を紹介しながら、メンズコスメのヒントを探っていきます!
これからメイクにチャレンジしようと考えている方はもちろん、コスプレイヤーさん、そしてハロウィンでコスプレしようと考えている方にも参考になる内容となっているのでぜひチェックしてみてくださいね。

南条京垓さんとは?


南条京垓さんは、現役ホスト。
落語が特技というユニークなホストさんで、現役大学生ながらホストクラブでは大人気。
2019年7月からはYoutubeチャンネルも開設し、こだわりのメイク動画や自身の拒食症体験などを赤裸々に語っています。

「落語をホスト風にしてみた」など、今までにない動画も投稿している南条京垓さん。
今後ますます注目していきたいですね!

そんな南条京垓さんは、実はアニメが大好き。
数年前まではアニメポスターやアニメグッズに囲まれてオタク生活を満喫していたのだそうです。

今回紹介する動画は南条京垓さんが「レム」というキャラクターのコスプレに挑戦するものになっています。

 

「レム」とは?

「レム」とは、小説「Re:ゼロから始める異世界生活」(通称「リゼロ」)に出てくるキャラクター。
水色ショートカットヘアが特徴の美少女です。

どこかはかなげで愛らしいレムは、「リゼロ」ファンからも大人気。
フィギュアをはじめとするキャラクターグッズも多数出ており、コスプレをするファンも大勢います。

ホストと美少女キャラクターという一見相容れないように見えるこの組み合わせ。
一体どうなるのか、楽しみですね!

レムになるために①メイク前の下準備

メイク前に着替えを

まずはメイク前に雰囲気を出すため、衣装をチェンジ。
レムらしいモノトーンのメイド服に着替えます。
まだメイク前のすっぴん状態なので、YouTubeのコメント欄からも「先に衣装?!」と突っ込みが。
ここからどう変わるかが楽しみです。

まさかのアイテムで地毛をまとめる

続いてはウィッグを装着。
通常ウィッグをつける時には専用ネットをかぶります。
しかし、南条京垓さんはそれがないとのことで、なんとストッキングをかぶります!
そんなまさか?!と思いますが、地毛もしっかりまとめられて、スッキリとしています。
ウィッグをつけたいけれど専用ネットがないという方は、真似してみてください……ね。

カラコンでよりレムらしく

続いては、ブルーのカラーコンタクトを装着。
レムの瞳の色はブルーなので、よりレムらしくなってきました。
少し大きめのカラーコンタクトをチョイスすることで、二次元らしさがアップ。
つけるだけで印象がガラリと変わるので、コスプレメイクをするときにはできるだけつけるようにしてみてくださいね。

 

メンズメイクのヒント⓵カラコン

男性のメイクに抵抗がある方でも簡単に取り入れることができる上に、効果は抜群のこのアイテム。
目の大きさや色というのは顔全体の印象に大きく影響してきます。
南条京垓さんの動画でも、カラコンを入れただけで印象がガラッと変わってますね!
今回の動画内ではメイクよりも先にコンタクトをしています。
これはメイク後にコンタクトをつけることによってゴミが入ってしまうことを配慮してのことです。
だからこそカラコンをメイク前に入れるのは必須ですね!

レムになるために②いよいよメイク!

いよいよメイクにうつります。
まずは肌を整える ベースメイクから。
眉や肌を整えることで、二次元らしい存在感に仕上げていきます。
ベースメイク完了後はアイメイクやリップメイクで、より女の子らしくしていきます。

化粧水で保湿をしてからベースメイクを

まずはメイク前に化粧水を使い、お肌に潤いを与えます。
しっかり保湿することでメイクも崩れづらくなりますよ。
しっかり化粧水を浸透させた後は、化粧下地を塗ります。
南条京垓さんのおすすめはセザンヌの皮脂テカリ防止下地。
600円台のプチプラながら機能性抜群!と人気の逸品です。
下地を肌に広げた後は、ファンデーションとコンシーラーで肌をより美しく見せていきます。
この時のポイントとしては、眉を塗りつぶす感覚でコンシーラーを使うこと。
特にコスプレメイクでは眉の印象がないほうが雰囲気が出るため、しっかりと塗るのがおすすめなのだそうです。
コンシーラーを塗り終わったら、フェイスパウダーでベースメイクを仕上げます。

 

商品名:皮脂テカリ防止下地
メーカー:セザンヌ
価格:660円
メイク崩れの原因となる皮脂を吸収してくれるめ、ベタつかないさらさらな肌をキープできます。
またウォータープルーフなので、汗をかく季節でも化粧が崩れにくくなっております。
特に男性は皮脂の分泌が女性の2倍と言われております。
そんな男性の肌にぴったりの商品です!

購入はこちらから

 

メンズメイクのヒント⓶ベースメイク

ベースメイクとは化粧の土台を作る部分です。
これは肌をより綺麗に見せる効果があります。
南条京垓が動画で説明している、化粧下地・ファンデーション・コンシーラーがベースメイクに当たります。
これらを駆使することで肌をより清潔感のあるものにすることができます。
現代モテ男子の必須項目である肌の清潔感に直結するものです。
それぞれの使い方は動画でチェックしてみてください!

眉メイク&ノーズシャドウでよりレムらしく

ベースメイクが仕上がったら、ここからはポイントメイクをしていきます。

眉毛

先ほどコンシーラーで存在感を消した眉毛を、淡いアイブロウカラーで仕上げていきます。
ここのポイントは、なるべく細く・垂れ気味に書くこと。
そうすることで女の子らしさが演出できるのだそうです。
一気に書かず、少しずつ書くと綺麗な眉毛が書けますよ。
その上から青い眉マスカラを使い、眉毛をよりレムらしくしていきます。
青い眉マスカラは、なんと100円ショップで見つけたのだそう。
発色もよいので、コスプレメイクを考えている方はぜひチェックしてみて下さいね。

ノーズシャドウ&ハイライト

続いては、ノーズシャドウ。
眉間を中心に塗ることで、自然に彫りが深い顔を作ることができます。
さらにレムらしくするため、フェースコントロールカラーで顔の周りを塗り小顔に見せていきます。
眉間を中心に塗ることで、自然に彫りが深い顔を作ることができます。
明るいカラーのものを、眉間・鼻・口の上・頬・頬骨部分に ふわっと乗せていきます。
さらにレムらしくするため、フェースコントロールカラーで顔の周りを塗り小顔に見せていきます。

 

メンズメイクのヒント⓷眉メイク

あんな眉毛に生まれたかった。
キリッとした美しい眉毛が欲しい。
そう願う男性方も多いと思います。
だったら書いてしまえばいいんです!
これは比較的簡単にメイクすることができます。
また、眉メイクのペンも1本1,000円以下なものがほとんど。
メンズコスメの入り口とも言えますね!

アイメイクで二次元らしく

続いては、アイメイクにうつります。
まず手に取ったのは、アイシャドウ。
ピンク系のカラーを目のキワ部分にさりげなくつけます。
涙袋部分には先ほど使ったハイライトを乗せて、甘い雰囲気に仕上げます。
次はアイライナー。
レムは垂れ目なので、ラインを下げるとそれらしくなりますよ。
その後は涙袋を書き、女の子らしい目を作っていきます。
アイメイクの仕上げにはビューラーでまつげを上げ、マスカラでまつげを際立たせていきます。
アイメイクをすることで目が大きくなり、よりレムに近づいてきました。

 

メンズメイクのヒント⓸ビューラー

まつ毛をギュッと上に立たせるあれです!
まつ毛の印象は目の印象を大きく変えます。
目の印象は顔全体の印象をも変えます。
これも何かを塗るわけではないので、比較的ハードルの低いものです。

チーク&リップで華やかに

いよいよメイクもラストスパート。
チークとリップをさりげなく入れて、女の子らしく仕上げます。
チークとリップは甘めのカラーを使うのがポイント。レッド系のカラーを使うことで血色よく愛らしい表情を演出することができます。
チークは頬骨の上のあたりに入れると上品な雰囲気になりますよ。
リップは唇全体に塗るのではなく内側を中心に塗ると、自然なグラデーションが生まれます。

ついに完成!

淡いブルーカラーのウィッグをかぶると完成!長いまつげにキラキラの瞳は、女の子そのもの。
裏声でセリフを言うと、本当のレムのようです。
(南条京垓さん自身は納得していないご様子)
ヘアバンドやリボンなど小物にもこだわっているので、完成度は抜群。
カラーコンタクトやメイク技術を駆使することで、二次元と三次元の中間のような雰囲気になっています。
動画のラストには、「愛情!友情 !俺南条!」というキャッチフレーズも披露してくれた南条京垓さん。

 

 


楽しく、そして参考になる約10分間の動画でした。
この動画を参考に、ぜひメンズメイクだけでなくコスプレにも挑戦してみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

mochi_kinako

SE・受付業を経て、現在はフリーのWEBライター。 ネイル、手芸、プロ野球観戦、インテリア……と多趣味で、様々なジャンルの記事が書けるのが強み。 danCeでは周りが男性ばかりだったSE時代に観察・実感した経験を生かし、男性の気持ちに寄り添った記事を執筆しています!