メンズはセルフカットにチャレンジ!失敗せずおしゃれに仕上げるコツとは?

セルフカットをするメンズが増えてるって本当?

じわじわとセルフカットをするメンズが増えていることをご存じですか?
もともとセルフカットは人気でしたが、外出自粛をする方が多くなってきた昨今ではさらに人気が増している印象です。

今回は、セルフカット初心者のメンズの皆さんにメリットや必要な道具、セルフカットの方法などをご紹介。
1度試してみればやみつきになるという方も多いセルフカットは、やってみる価値はあり!
今まで美容室や床屋に行っていたけれど、これを機にセルフカットをしたい!というメンズの皆さんにもおすすめです。

メンズセルフカットのメリットとは?

メンズがセルフカットをするメリットは以下の4点。

  1. 時短になる
  2. 節約になる
  3. スタイルが自由自在
  4. いつでもヘアカットが可能

一つ一つ詳細をみていきましょう!

メンズセルフカットのメリット①時短になる

美容室に行こうと思うと、予約を取ったり電車等で移動をしたり時間がかかるもの。
場合によってはお店が混雑していて長時間待ったりする、なんていうこともありますよね。
セルフカットであれば待ち時間は0分
美容室に行くための身支度の時間等も必要ありません。

メンズセルフカットのメリット②節約になる

セルフカットはなんといってもお金がかからないのが魅力ですよね。
道具がない場合だとそれを買いそろえる費用は必要ですが、その後も長く使うことを考えれば散髪代より安くなるのは間違いありません。
今まで電車等でカットしに行っていたメンズであれば、交通費も節約できます。

メンズセルフカットのメリット③スタイルが自由自在

「こんなヘアスタイルにしたいけど、どうやって伝えたら良いんだろう……?」
「本当は別の雰囲気が良かったんだけれど、うまく言えなかった……」
こんな風にカット後に思ってしまうのは、美容室「あるある」ですよね。
セルフカットであれば、うまくいけば100%自分好みにできるため、満足のいくヘアスタイルが手に入ります。

メンズセルフカットのメリット④いつでもヘアカットが可能

美容師さんや床屋さんにヘアカットをしてもらうのは、もちろんお店が開いている時間だけですよね。
セルフカットであれば早朝や深夜など、自分の都合の良い時間にヘアカットすることができます。

もちろん予約も必要ないので、思い立ったときに即ヘアチェンジ可能です。
台風などで外出が難しいときや、何らかの事情で自宅待機しなくてはいけないとき、家族の面倒を見なくてはいけず外出できないときなどいつでもカットできます。

【最低限】セルフカットに必要なものまとめ

ヘアカットに必要な最低限のグッズは以下の4点!
これさえあれば、即セルフカットを楽しむことができます。

  1. 専用のハサミ
  2. バリカン
  3. 片付け用ケープ
  4. 使い勝手の良い鏡

詳細をチェックしていきましょう!

専用のハサミ

まずはセルフカットの必需品、ハサミを手に入れましょう。
工作ばさみでも良いのでは?と思うメンズのかたもいるかもしれませんが、仕上がりに差がでますので専用のハサミを買うのがおすすめ!
通常のハサミとすきバサミがセットになっているものだと、より使いやすいでしょう。
髪が長めのメンズは、ダッカール(ヘアクリップの一種)があると便利です。

▶KYG 散髪ハサミ

価格:3280円~(最安値はAmazon)
左利き、右利きどちらも使えるハサミの2本セットです。クシもついているので使い勝手も抜群。シンプルな見た目もポイントです。

バリカン

ショートヘアのメンズにおすすめなのは、バリカン。
「バリカンって坊主にしか使えないのでは?」と思いがちですが、アタッチメントによってはショートヘアも可能。
また、襟足などのカットはバリカンの方がうまくできるため、長めヘアのメンズでも持っておくと便利です。

▶Philips 電動バリカン ヘアーカッター 充電・交流式 HC3589/15

 

片付け用ケープ

切った髪を床に落とさなくて済むケープがあると片付けが楽になります。
無い場合はゴミ袋や古タオルなどで代用するのも良いでしょう。

▶パナソニック スキカルハット ER006-A

使い勝手の良い鏡

セルフカットは鏡を見ながら行います。
洗面所やお風呂場などの鏡を使ってもできますが、襟足部分などは見づらいので大きめの手鏡か三面鏡があると便利です。

▶エピオス(Epios) コンパクトミラー 卓上 手鏡 4面タイプ

 

メンズセルフカットのポイント【基本編】

まずはセルフカットの基本から。
この基本をしっかりと抑えておくことで、自分の好きなヘアスタイルを上手くアレンジすることができるでしょう。
しっかりとチェックしてください!

セルフカットのテクニック①前髪編

まずは目に入って気になってしまう前髪からカットしていきましょう。
まず前髪は癖を無くしてしっかり下ろします。
そこからハサミを縦に入れて少しずつカット。
すきバサミを使うと自然な仕上がりになります。

セルフカットのテクニック②襟足編

続いては襟足のカット方法をご紹介します。
メンズのショートヘアにおすすめの襟足カットは、バリカンを使う方法。
長めのアタッチメントを使って、髪をすく感覚でカットしていくと上手くいきます。
ハサミの場合は頭の後ろに鏡を置き、少しずつカットしていくようにしましょう。

セルフカットのテクニック③もみあげ編

メンズヘアスタイルの印象を与えるもみあげは、左右のバランスが肝心。
なるべく長めに切って、左右交互に少しずつカットしていくとうまくいくでしょう。
耳のラインに沿うようにカットすると綺麗ですよ。
クセがでやすいところでもあるので、長めにカットして洗髪・乾燥後に調整するのもおすすめです。

メンズセルフカットのポイント【応用編】

次は応用編です。
少し高度な内容になりますが、アレンジの幅が大きく広がるでしょう。
美容院と同じようなクオリティを目指す方は、ぜひチェックしてください!

セルフカットのテクニック④流し前髪編

流した前髪にしたい場合は前髪を上に持ち上げてカットすると、綺麗なレイヤーを作ることができます。
前髪を上げれば上げるほどレイヤーが強くなるので、お好みで調整してみてください。

セルフカットのテクニック⑤ツーブロック編

もみあげや襟足部分をごく短くするツーブロックは、メンズからも人気のヘアスタイル。
まずはツーブロックの境目となる部分を決めます。
長さをキープする場所はダッカールやヘアクリップなどでとめておくと、うっかり切ってしまうこともありません。

短くする部分はバリカンで刈っていけば簡単にツーブロックヘアのできあがり!
長めの部分はハサミで少しずつ整えていきましょう。
バリカンは下から上へすべらせると綺麗な仕上がりになります。

今後はメンズのスタンダードに?セルフカットをしてみよう!

難しいと思われがちなセルフカットですが、実はコツをつかめばすごく簡単。
最初は少し長めにカットして、万一の場合は調整できるようにしておくと良いでしょう。

またいきなり髪を大量に切るのではなく、少しずつカットするのも重要なポイント。
時間をかけて丁寧にセルフカットしていけば、おしゃれなメンズヘアを実現させることができるでしょう。

ぜひ試してみてくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

mochi_kinako

SE・受付業を経て、現在はフリーのWEBライター。 ネイル、手芸、プロ野球観戦、インテリア……と多趣味で、様々なジャンルの記事が書けるのが強み。 danCeでは周りが男性ばかりだったSE時代に観察・実感した経験を生かし、男性の気持ちに寄り添った記事を執筆しています!