今からできる美意識改革!男性が美容でするべき3つのこと

この記事は私が監修しました

美容皮膚科医  中島 菓
帝京大学医学部卒業後、都内大学病院にて臨床研修を終え、大手美容皮膚科にて美容皮膚科医として約2年程勤務。現在は都内美容クリニックに勤務しながら、YouTubeにて最新美容医療や整形、韓国コスメを中心に、男女問わず美容をもっと身近に感じてもらえるような動画を配信中。美容雑誌VOCEの公式ブロガーVOCEST!としても活躍中。

美容はもはや、男女共通のもの

 

美を追い求めるのは女性だけ、こんな考えがもう古くなってきた昨今。
メディアをのぞけばメンズコスメの特集が組まれ、美容に詳しい男性タレントが有名になっている。
今や男性も、美容と深い関わりを持つようになってきています。
とはいえ、美容に本腰を入れている男性は、まだまだほんの一部。
あなたも「ちょっと気になったから……」と、この記事をのぞいたはずです。
一体、男性が美容と取り入れることに、どんなメリットがあるのでしょうか?

 

男性が美容を取り入れるメリットとは?

 

私からみて、男性が美容を取り入れるべき理由は、この3つに集約されます。
あなたもこれなら、きっと他人事にはできないはず。

 

美容意識が高い = 身だしなみの意識が高い

美容は楽しむためだけでなく、身だしなみとして自分の品格を作るためのもの。
社会では、身だしなみが綺麗で清潔感のある人が評価される傾向にあります。
女性が好印象を抱く基準も、イケメンかどうかよりは、清潔感があるかどうか。
美容意識が高くあれるかどうかで、自分の評価もおのずと上がりやすくなるのです。

 

美しくなることで、自分に自信がつく

男女問わずすることで自分の内面も磨かれていくのが美容のいいところ。
外見を美しくしていくことで心に余裕が生まれ、自分の自信も高まります。
さらにそこから周りの評価が高まる、なんてことも!

 

清潔でいることは、健康に繋がる

そして意外にも大切なのが、清潔感が健康に繋がるということ。
実は男性は、顔や肌の皮脂分泌量が女性の2倍あると言われており( ※1 )、肌で言えば女性より念入りなケアが必要。
皮脂をそのままにしておくと、肌がベタつくだけでなく埃などがまとわりつき、結果的に肌荒れを引き起こす可能性があります。
体を健康に保つためにも、清潔を保つための美容は欠かせないのです。

これだけのメリットがあっても男性が美容を敬遠するのは、もしかすると美容の手間が理由かもしれません。
確かに女性は美容に手間暇をかけていますから、それと同じにすると思うと、ハードルが高いのです。

しかし、清潔感を保つという面であれば、メンズ美容はとても簡単なことから始められます。
そこで今回は、今からでも意識できる、男性が美容でするべきことを女性目線で紹介していきます。

 

※1 参考:https://www.shiseido.co.jp/biyou_dic_men/skincare/skin000600.htm

 

丁寧に、優しく洗顔をする

 

美容で最も手軽に始められるのが、誰もが日課にしている洗顔。
まずはいつも行なっている洗顔を、“丁寧に優しく”行うよう心がけてみましょう。

男性は皮脂量が多いため、メンズ洗顔料の多くが、強力な洗浄力を持っています。
仕上がりはスースーとして気持ちが良いのですが、洗い過ぎがより皮脂を分泌させ、結局肌を荒れさせることに……。

洗顔する際は、水洗いからでもOK。
朝の支度時間が短い男性でも、これなら始めやすいはず。
ただし、体質や季節によっては顔の脂っぽさが増します。
そのため優しい洗顔料を端から使っている方が、後々楽になりますよ。

 

おすすめのメンズ洗顔アイテム

・リサージ メンフォーミングソープ 150ml / 2200円(税込)

カネボウが手がけるメンズスキンケアブランド、「リサージ メン」の洗顔料。
泡で出てくるタイプなので、面倒な手順がいらず、さっと洗顔に入れるのが特徴。
優しく洗う工程に集中するのにおすすめなアイテムです。
さらにアルコール無添加のため、肌が弱めな男性でも使いやすいのがポイント。

 

・グランシア メン ソリッドソープ(110g) / 3080円(税込)

シックなパッケージとお値段。
いかにも高級そうな石鹸ですが、意外にも高コスパ!
手を濡らして2〜3回擦るだけで、すぐ泡立つと話題のアイテムです。
柑橘系とムスクを混ぜた香りで、男女どちらにもウケが良いでしょう。

 

ケアをプラスして、肌への刺激を和らげる

 

どんなに肌の強い男性でも、洗顔後は刺激に敏感。
特に乾燥は、ニキビや肌荒れなど全てのトラブルの元になる刺激。
荒れていない清潔な肌でいるためには、スキンケアで肌を守ることが欠かせません。

難しく考えがちなスキンケアですが、簡単にいうと、肌を守るために化粧水で潤いを補えばOK。
年齢を重ねるにつれ、肌の水分量も減っていくので、早め早めで準備しておくのが良いでしょう。

 

おすすめのメンズスキンケアアイテム

・キュレル 化粧水 III (とてもしっとり) 150ml / 1980円(税込)

言わずと知れた、花王の敏感肌化粧水がこちら。
無香料、無着色に加え、弱酸性で肌に優しい作り。
テクスチャーも3種類から選ぶことができ、自分の好みに合わせやすいのが特徴です。
手頃なお値段やドラックストアなどですぐ買えると言うのもメリット!

 

・ メンズスキンケア DTRT 化粧水 SO FINE/ 3025円(税込)

女性の間ではもはや定番化している、韓国コスメ。
実はメンズの方にも人気の波がきているんです!
こちらは日本でも有名な、Dr.Jart+のメンズスキンケアライン「DTRT」の化粧水。
カサついた肌に素早く水分を与えてくれ、ごわつきをケアしてくれます。

 

顔や手の毛を整える

 

個人差はあれど、男性は髭や手の毛が目立つもの。
美容に関心のない男性でも、髭剃りの経験はあるのではないでしょうか。

邪魔な髭やムダ毛を無くすことはもちろんですが、美容として考えるなら、整えることも大切。
実際、ヒゲの生えている男性でも、形が整っているのといないのとでは、雰囲気の清潔感が違います。
顔や手の周りの毛はこまめに整え、手を入れている感を周りにアピールしましょう。

 

おすすめのグルーミングアイテム

・ボタニカル フェイスウォッシュ & シェービング フォーム 泡タイプ 150mL / 1980円(税込)

クワトロボタニコのフォームは、なんと洗顔とシェービング、どちらにも使えるアイテム。
顔を洗ったそのまま洗顔に移れるので、忙しい男性にもってこいでしょう。
低刺激、かつ植物エキスなどスキンケア成分も配合。
まさに一石三鳥なシェービングフォームです。

 

・シダー シェービングフォーム 200ml / 2750円(税込)

こちらはイタリアの有名ブランド、アッカカッパのメンズ用シェービングフォーム。
クリーミーなテクスチャーの泡で、ヒゲが剃りやすくなるのが特徴。
さらにシェービングフォームにありがちな清涼感とは打って変わって、シダーウッドの気品溢れる香りを楽しむことができます。

 

口内を爽やかに保つ

 

一日のルーティンに必ずある歯磨きでは、歯を白く綺麗に保つことができますが、それは前提の話。
どんなにイケメンでも、口臭がきついのはナンセンス。
周りに褒められる男性を目指すなら、そこに口臭ケアもプラスしましょう。
マウスウォッシュやタブレットで気を配れば、普段の美容により爽やかな清潔感をプラスできるかも。

 

おすすめのオーラルケアアイテム

・diem ディエム ボタニカルマウスウォッシュ ローズアロマ・ミント 500mL / 1080円(税込)

diemは、使用する原料にこだわり、オーガニックを徹底したアイテム。
強すぎず、弱すぎず、程よい刺激が口に広がるため好みを選ばず使えます。
華やかなローズとミントの爽快感が突き抜ける香りで、パートナーや家族と兼用で使えるのもありがたいアイテムです。

 

・CIGARROマウスウォッシュ(口内洗浄料) 200mL / 3080円(税込)

ちょっぴりこだわりたくなってきたなら、男らしいパッケージが魅力的なCIGARROのマウスウォッシュがおすすめ。
まるで酒ビンのような見た目と、2種類のエッセンシャルオイルが作り出す複雑な香りは、ありきたりなオーラルケアの時間を充実したものに変えてくれるはず。

 

意識を変えて、ライトに美容を始めよう

 

自分の人生をかっこよく、素敵にしたいと思うのは、男性も女性もかわりません。
むしろ今手をつけてない男性がするからこそ、大きな振り幅が生まれるはず。

まずは意識を変えるだけでもOKです。
ハードルを低めに始めて、長く続けることが大切。
見た目と一緒に、自ずとまとう雰囲気も変わり、ワンランク上の男を目指せるでしょう。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

こなみ

フリーのWEBライター・編集者。 自身は女性だが身の回りのアイテム選びはメンズ寄りで、シンプルながらも味のあるアイテムと音楽(最近だとSIRUP、Nulbarich)が大好物。 ファッション小物や雑貨ブランドの知識には自信アリで、その博識さを生かしその人に似合うアイテムを日々提案中です!